梨人(なしんちゅ)のキセキ 梨で明和町をもっと元気に!

群馬県・明和町で、若手の梨農家や後継者などが集まり、2013年に立ち上がった団体「梨人」(なしんちゅ)。梨づくりのプロフェッショナルになることはもちろん、梨で町をもっと盛り上げようと、日々奮闘中。その足跡をメンバー4人が週替わりでつづっていきます。

2016年04月

 酷暑で早まった収獲開始も期待ほどではなく、盆最終日までに採れた幸水は全体の1割程でした。ジベ処理による熟期促進を、邪道とばかり言い続けるのも考え物です。

ついに念願の!

こんばんは。林です。

4月も中旬を過ぎ、気温も大分上がってきました。風が吹いていても、日中なら肌寒く感じることもほとんどなくなってきました。
草木も大分青々としてきて、まさに新緑の季節という感じです。景色が目に優しい時期になりました。
ただ、先週から今週にかけて九州地方では大規模な地震が頻発し、そうした周りの景色に目を向ける余裕のない方も多いかと思います。
早く地震がおさまり、被災者の方々が落ち着いた日常生活に戻れることをお祈りします。

では、まずはまた昨日のバレーボールのことから。集まったのは5人で、いよいよ「梨人」メンバーで皆勤者がいなくなってしまいました。
そんな中で、自分は主にアタックとサーブの指導をしてもらいました。これが、なかなか体に動きを覚えさせるのが難しい。サーブに関しては、中学校の体育の授業でやった時の癖が抜けず、逆に矯正するのが難しかったです。
実践練習では、5人なので『コーチの2人vs「梨人」(今年で)30代メンバー3人』という感じでやったのですが、2球目でトスを上げる東さんにボールを集める前の段階で素人2人がミスを重ねる状況。
試合としては、なかなかボールを相手に返せなくてボロボロでしたが、和気藹々としていたのでやはり今回も楽しめました。
そして、家に帰ってシャワーを浴びてからも体の熱が抜けなかったので部屋の窓を開けて横になったわけですが、朝起きたら鼻に違和感が。その後、1日鼻水が止まりませんでした。
そんなわけで、今日は鼻にティッシュを詰めながらこの文章を打っています。

さて、今日は一昨日の直記さんのブログを見て思い出したので、自分も乗用草刈機のことを書きたいと思います。
IMG_4150
こちらが、関本家と共同で購入した乗用草刈機です。未使用状態なので、一昨日の写真より綺麗に見えると思います。すぐに汚れてしまいますが…
届けてもらったのが今月の9日で、前日に「梨人」の東さんが幹事になった飲み会があり、少し不安だったので午後の搬入にしてもらいました。
頼んだのは何かとお世話になっている山田農機さんで、前日の飲み会にも遅くまで参加していただきました。届けてもらったところで、関本さん親子にも来てもらい説明を聞きました。

早速その日のうちに使ってみることにしました。ちょうど、梨園の草が伸びていたので試乗にはもってこいです。
IMG_4157
関本さんの梨園よりも草が伸びていたので、刈ったところとそうでないところの違いがはっきりと分かると思います。
それなりのスピードを出していたのですが、通ったところはほぼ刈り残しなしでした。草払い機でやっていたらどれだけかかることか。
ハンドルの位置も調節してもらったおかげで、こうした機械だと操作の時に窮屈になるのですが、それが大体は緩和されました。長時間作業をしていても疲れません。

そして、1時間30分ほどかけてやった結果がこちら。
IMG_4158
どうでしょうか。支柱や木の周りがやや残っていますが、それなりにスッキリしたと思います。
それでも、これだけの時間でほぼ全面を刈れたのは大きいです。草払い機でやっていたら、同じ時間で写真に写る縦の長い1列が刈れるかどうかというところでしょうか。
これでも、縦と横をそれぞれやって大分刈り残しをなくしました。さすがに、柱の近くだと下に石板が埋まっているので不安になり、やや残した部分が多くなってしまいましたが。
それは、これから長い付き合いになっていくと思うので、要経験ですね。楽しみです。

それにしても、一昨日の直記さんの投稿とほぼ同じような写真を載せているのに、草刈りの結果にこれほど差が出てしまうとは…

林寛丈

人気ブログランキングへ

交配終了

はいどうも ふなっき~です・w・
今日は朝からいい天気で絶好の交配日和でした
そのおかげで無事交配も終わり、後1園で梨の花の先端摘みも終わります!!
午後からは
DSC_0447
たけと共同で使うために買ったラビットモアーで
梨畑の草刈をしました
DSC_0448
天気も続いたので草の伸びもよく丁度刈りごろでした
でも夕方には雨が降ってきたので刈り終わらず中途半端になってしまいました(´・ω・`)
DSC_0449
刈ったとこだけ撮ったのは内緒 壁|ω・)チラッ
明日には終わらせたいところです・w・b

関本梨園・ふなきー

新メンバー加入!!

今日も読んでいただき、ありがとうございます。えぇファームの東です。

新しい年度、新しい体制がスタートして、早2週間。

梨人として、嬉しい報告があります。

なんと、新メンバーが加入です!!

東京の農業普及員を辞めて、4月から明和町で梨農家になるべく移住してきた方です。

年齢は50歳。これまでのメンバーに比べると高めですが、「技術だけでなく、販売方法も学びたい」という、ご本人の意向もあり、梨人に加入していただきました。

ご本人とはこれから、親交を深めていきますが、人生の先輩のご加入で、ともに梨産地としての明和町に新しい風を吹かせてくれることを期待したいです。

もちろん、梨人メンバーということで、今後、このブログにも投稿してもらおうと考えているので、ご本人の登場をどうぞお楽しみに!


人気ブログランキングへ

今年も順調にいきますように

こんばんは。林です。

一週間ぶりになります。何だか、これまでの更新とは違うのでまだ少し慣れません。今月は、ずっとそんな感じだと思います。

今日はほとんど曇りでしたが、少し日差しが見えた時間もあり割と気温は高めでしたね。朝は寒かったですし、午後は風の影響もありやや肌寒かったですが。
桜も、気づけば大分散ってしまいました。通りかかって見かけることはあっても、花見と呼べるほどには堪能しませんでしたね。
実家の方ならばこれからでしょうが、今のところ行く予定はありません。用事ができれば行くかもしれませんが、案外同じ県内で暮らしていても帰ることは少ないですね。

それはそうと、昨日もまた明和町の社会体育館でバレーボールの練習をしました。
どういうわけか、今回で3回目になりますが、いまだに「梨人」メンバーの4人が勢揃いしたことがありません。1回目は自分が、2回目は東さんが、3回目は直記さんがそれぞれ体調不良で休んでいます。
そのかわり、昨日は以前に邑楽館林地区の若手就農者の集まりで会った板倉町の野菜農家の方が参加してくれました。「方」といっても、自分より大分若く今年で21歳になるそうです。
バレーボールの経験があるという彼は、その言葉通り練習中に見事なスパイクとサーブを見せてくれました。
その姿を見せられたからか、はたまた東さんが加わったからか、昨日は先週よりも練習量が多かった気がします。
…先週は練習から2日後に出た筋肉痛が、今回は次の日である今日に出たことにホッとしつつ…

さて、先週から今週の投稿で花粉を作るところまで追っていきましたが、今日はその先を見ていきましょう。
取った時は赤っぽい色をしていますが、開葯させるとこのようになります。
IMG_4175
色的には、緑色でしょうか。これにはまだ、花粉だけではなく軸やその他に小さなごみが混ざっています。
これに「石松子(せきしょうし)」という赤い粉を混ぜます。ちょっと写真は準備を忘れたので言葉だけになってしまいます。
この石松子というのは花粉増量剤で、これを一定の割合で花粉と混ぜることにより花粉の量を増やすことができます。
花粉というのものは高く、聞いた話だと10グラムで約4000円もするそうです。もちろん、それだけの量では1本の木すら賄えません。
しかし、石松子なら80グラムで約1100円程となり経済的で、めしべにつける時の添加もしやすいようです。また、色がついているので交配させた部分も分かりやすいです。

そんなわけで、実際に花粉と混ぜたものがこちら。
IMG_4183
去年も紹介したと思いますが、交配の機械も一緒です。この機械から出やすくするため、花粉と石松子を混ぜた後で精選機という機械に通しています。
色は毒々しく見えますが、去年もしっかり交配できたことは確認済みです。量も上から比べるとそれなりに増えました。
後は、これを交配機に入れてスイッチを入れるだけで、機械の先から花粉が飛び出します。

IMG_4202
梨の花は白いので、このように花粉がついた跡は目立ちます。ちなみに、この写真の左下に写っているのが先ほどの交配機の先端の毛の部分です。
ダイヤルを回すことで出る量を調節することができるのですが、気がつくとたまにとんでもなく多く出るところにセットされてしまうことがあります。機械の振動か、知らないうちに回してしまっているのか。
こちらの交配機も安くはありませんが、それだけの仕事はしてくれます。例えば、この梨園だとどれだけ大きな木でも1本に10分はかからないと思います。
これが手作業でつける場合の「梵天(ぼんてん)」の場合、自分がやるとしたら1本に30分近くかかる木も出てくると思います。
IMG_4152
はい、こちらの写真に写っているのがその梵天で、昔の耳かきの上についている物というと分かりやすいでしょうか。
これは、何回かに1回は容器に入れた花粉を梵天の先に補充しながらつけていかないといけないので手間です。
ただ、先に咲き始めた木などにつける場合はこれで十分で、この梨園だと「新高」という品種はこれでやりました。石松子を混ぜたり精選機にかけずにつかえるので、準備の手間は減ります。

交配作業は、まさに梨栽培の始まりともいえる作業で、これがバッチリできていれば形のしっかりした実が生ります。
もちろん、自然に風で運ばれたり虫が運んでくれたりするので全く生らないわけではないですが、梨の美味しさの大きな要因になる形は乱れてしまうことが多いと思います。
去年は、そこそこうまくいったと思います。その後の摘果作業でやや失敗したところもありましたが。
今年も、形が良くて大きな実をつけられるようにこの後も頑張っていきたいと思います。

林寛丈

人気ブログランキングへ

梨の花も満開

はいどうも お久しぶりです ふなっきーです・w・
今年度ののっけからブログ更新するのを忘れてしまいました (・ω≦) テヘペロ
そんな私も梨人の代表になり、これから梨人と明和町盛り上げていきますのでどうぞよろしくお願いします!!
4月に入り暖かい日が続いていたのもあり、今梨の花は満開です
梨農家はこれからが忙しくなります
DSC_0442
これは幸水ですが満開近く咲いてきました
梨の花は面白いもので収穫と逆で咲くのは晩生から咲いていきます
なので幸水は早生なのでこれが満開となると他の品種はもう満開になっています
交配したいにも今日は朝から風が強く交配するには温度が足りませんでした(´・ω・`)
明日もまた寒い日になるみたいなのでいつ交配ができるのか不安です(´;ω;`)ウゥゥ
でも新高と愛宕は昨日のうちに交配が終わったので一安心です( ̄ー ̄)
花粉も今年は新興と松島の枝を剪定しないで残しておいたので十分間に合うかと思います
DSC_0444
これができれば花粉はすべて完成です!
早く交配を終わらせて一段落したいところです(   ´  ・  д  ・  `   ゙ )

関本梨園・ふなっきー
ギャラリー
  • 泣いて馬謖を斬る
  • マニュアルの功罪
  • マニュアルの功罪
  • 危険牌を通す?
  • 新製品?5
  • 新製品?5
  • クリーニングクロップ
  • ジベ焼け?(新製品4)
  • 満開日
  • ライブドアブログ